無彩色(読み)むさいしょく(英語表記)achromatic colours

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無彩色
むさいしょく

白、灰、黒の系統に属する色みのない色のこと。などのような色みのある有彩色と区別される。無彩色は、色の3属性である色相、明度、彩度のうち、明度だけをもつ色である。[雨宮政次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

む‐さいしょく【無彩色】

〘名〙 白、黒および灰色をいう。むさいしき。
※光と風と夢(1942)〈中島敦〉一一「『一片(ペニイ)なら無彩色・二片(ペンス)なら色つき』の紙芝居」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android