無彩色(読み)むさいしょく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無彩色
むさいしょく

白、灰、黒の系統に属する色みのない色のこと。赤、緑、青などのような色みのある有彩色と区別される。無彩色は、色の3属性である色相、明度、彩度のうち、明度だけをもつ色である。

[雨宮政次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

む‐さいしょく【無彩色】

〘名〙 白、黒および灰色をいう。むさいしき。
※光と風と夢(1942)〈中島敦〉一一「『一片(ペニイ)なら無彩色・二片(ペンス)なら色つき』の紙芝居」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無彩色
むさいしょく
achromatic colours

色相,明度,飽和度という色の三次元のうち,明度のみによって記述されるような色。白から灰を経て黒にいたる系列に属する色をさす。 (→有彩色 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報