コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無彩色 むさいしょくachromatic colours

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無彩色
むさいしょく
achromatic colours

色相,明度飽和度という色の三次元のうち,明度のみによって記述されるような色。から灰を経てにいたる系列に属する色をさす。 (→有彩色 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

むさい‐しょく【無彩色】

色の三属性である色相明度彩度のうち明度だけをもつ黒・灰・白をいう。⇔有彩色

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むさいしょく【無彩色】

色みがなく、明度だけをもつ色。白・灰・黒の色。 → 有彩色

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無彩色
むさいしょく

白、灰、黒の系統に属する色みのない色のこと。などのような色みのある有彩色と区別される。無彩色は、色の3属性である色相、明度、彩度のうち、明度だけをもつ色である。[雨宮政次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

無彩色の関連キーワードクライン(Franz Kline)ブリジット ライリーオストワルト表色系マンセルの表色系モノトーンルック北山田のきじ車マンセル表色系アッシュグレイポリクロミーモンドリアン新造形主義色の三属性ホワイト木の葉猿ゲルニカブラック灰汁色グレイ農人形標準色

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無彩色の関連情報