コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無彩色 むさいしょくachromatic colours

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無彩色
むさいしょく
achromatic colours

色相,明度,飽和度という色の三次元のうち,明度のみによって記述されるような色。白から灰を経て黒にいたる系列に属する色をさす。 (→有彩色 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

むさい‐しょく【無彩色】

色の三属性である色相・明度・彩度のうち明度だけをもつ黒・灰・白をいう。⇔有彩色

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むさいしょく【無彩色】

色みがなく、明度だけをもつ色。白・灰・黒の色。 → 有彩色

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無彩色
むさいしょく

白、灰、黒の系統に属する色みのない色のこと。赤、緑、青などのような色みのある有彩色と区別される。無彩色は、色の3属性である色相、明度、彩度のうち、明度だけをもつ色である。[雨宮政次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

無彩色の関連情報