コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリスチレンペーパー

百科事典マイペディアの解説

ポリスチレンペーパー

低発泡性ポリスチレン押出機でシート状にしたもの。に似せた合成樹脂のシートを俗に〈第三の紙〉というが,ポリスチレンペーパーはその代表的なもの。細かい空気泡を無数に含むため不透明で軽く,剛性があり,断熱性,吸音性,クッション性に富み,各種の容器,包装材料などに用いられる。
→関連項目化学繊維紙

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のポリスチレンペーパーの言及

【ポリスチレン】より

…また,樹脂にブタン,ペンタン,ヘキサンなどの発泡剤を配合し,加熱発泡させた発泡ポリスチレン(発泡スチロールともいう)も,断熱材,緩衝材,畳などとして広い用途をもつ。木材代替として用いられる低発泡品から,機械や電化製品などの包装用緩衝材として用いられる高発泡品まで多岐にわたり,低発泡シートは合成紙(ポリスチレンペーパー)としても用いられる。生産量もポリエチレン,ポリプロピレン,ポリ塩化ビニルに次ぎ第4位である。…

※「ポリスチレンペーパー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポリスチレンペーパーの関連キーワード上野 次郎男

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android