コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリスチレンペーパー

1件 の用語解説(ポリスチレンペーパーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ポリスチレンペーパー

低発泡性ポリスチレンを押出機でシート状にしたもの。紙に似せた合成樹脂のシートを俗に〈第三の紙〉というが,ポリスチレンペーパーはその代表的なもの。細かい空気泡を無数に含むため不透明で軽く,剛性があり,断熱性,吸音性,クッション性に富み,各種の容器,包装材料などに用いられる。
→関連項目化学繊維紙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のポリスチレンペーパーの言及

【ポリスチレン】より

…また,樹脂にブタン,ペンタン,ヘキサンなどの発泡剤を配合し,加熱発泡させた発泡ポリスチレン(発泡スチロールともいう)も,断熱材,緩衝材,畳などとして広い用途をもつ。木材代替として用いられる低発泡品から,機械や電化製品などの包装用緩衝材として用いられる高発泡品まで多岐にわたり,低発泡シートは合成紙(ポリスチレンペーパー)としても用いられる。生産量もポリエチレン,ポリプロピレン,ポリ塩化ビニルに次ぎ第4位である。…

※「ポリスチレンペーパー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポリスチレンペーパーの関連キーワードスチレンポリスチレン発泡スチロール結晶性ポリマースチレンペーパー非結晶性ポリマー延伸ポリスチレン共重合ポリエチレンスタイロフォームポリスチレンフォーム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone