コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学繊維紙 かがくせんいし

2件 の用語解説(化学繊維紙の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

化学繊維紙【かがくせんいし】

化繊紙とも。レーヨンナイロンビニロンポリエステルアクリロニトリルなどの化学繊維を2〜3mmに切断し,分散剤や接着剤を加え,普通の抄紙(しょうし)機ですいたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かがくせんいし【化学繊維紙 artificial fiber paper】

天然植物繊維から作られた従来の紙に対し,化学繊維合成樹脂接着剤を加えて抄紙機ですいたものをいい,化繊紙とも呼ばれる。従来の紙と同様に水懸濁液から抄紙,乾燥して作られる。原料繊維にはビニロン,ナイロン,アクリル,レーヨン,ポリプロピレンアスベスト繊維などを用い,接着剤には水溶性ポリビニルアルコール繊維が多く使用されている。1936年にドイツレーヨン紙の特許が出され,50年に100%ガラス繊維紙が発表されてから多くの化学繊維紙が出現した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

化学繊維紙の関連キーワード麻糸化学繊維天然香料一枚絵鉱物繊維植物繊維天然繊維唐の紙自然植生食事植物繊維

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone