コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学繊維紙 かがくせんいし

世界大百科事典 第2版の解説

かがくせんいし【化学繊維紙 artificial fiber paper】

天然植物繊維から作られた従来の紙に対し,化学繊維に合成樹脂接着剤を加えて抄紙機ですいたものをいい,化繊紙とも呼ばれる。従来の紙と同様に水懸濁液から抄紙,乾燥して作られる。原料繊維にはビニロン,ナイロン,アクリル,レーヨン,ポリプロピレン,アスベスト繊維などを用い,接着剤には水溶性ポリビニルアルコール繊維が多く使用されている。1936年にドイツでレーヨン紙の特許が出され,50年に100%ガラス繊維紙が発表されてから多くの化学繊維紙が出現した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

化学繊維紙の関連キーワードポリスチレンペーパー不織布

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android