コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルタニグラ Porta Nigra

デジタル大辞泉の解説

ポルタ‐ニグラ(Porta Nigra)

《黒い門の意》ドイツ西部、ラインラント‐プファルツ州の歴史都市、トリーアにあるローマ時代の遺跡。2世紀末に建造された城門。1986年、「トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂、聖母マリア教会」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ポルタニグラ【ポルタニグラ】
Porta Nigra

ドイツ西部のラインラントファルツ州にあるモーゼル川畔の都市トリーア(Trier)旧市街北側に位置する、古代ローマ時代の建築物の遺構。トリーアはローマの軍団の駐屯地・兵站(へいたん)地を起源とする町で、3~4世紀にはローマ帝国有数の大都市に発展し、四分治制(テトラルキア)移行は4つの首都のうちの一つとなった。こうしたことから、ローマ時代の遺跡が数多く残っている。◇ポルタニグラもその一つで、西暦180年にローマ市壁の北門として建造された城門である。「ポルタニグラ」は「黒い門」という意味だが、黒みを帯びた砂岩を、モルタルを使用せずに交互に積み重ねて鎹(かすがい)で固定した、高さ30m、幅36m、奥行き22mの構造物で、144のアーチ型の窓が設けられている。1035年にこのローマの城門を覆うかたちで聖シメオン教会が建設されたが、1805年にトリーアを占領したナポレオンがローマ時代以外の建造物の撤去を命じたことにより、元の姿に戻された。世界遺産「ローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂、聖母マリア教会」の一部である。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android