かすがい(英語表記)clamp; cramp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かすがい
clamp; cramp

鎹。丸鋼,角鋼,平鋼などの棒鋼両端を直角に折り曲げ,先をとがらせたもの。曲げた部分を爪,中央部を渡りという。木造建築物の土台,軸組み,小屋組みなどで隣合う2材に爪を打込み接合するのに用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リフォーム用語集の解説

かすがい

丸鋼、角形鋼、平鋼などの鉄棒の両端を折り曲げ、先端を爪状にとがらせた建築金物の事。建具や家具に使用する長さ3センチメートル程度のものから、建物の軸組を緊結する長さ18センチメートル程度のものまで各種ある。主に、と土台との接合部に用いられ、地震などで柱が抜けてしまうのを防ぐ役割がある。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

かすがい
かすがい / 鎹
clampcramp

丸鋼、角形鋼、平鋼などの鉄棒の両端を折り曲げ、先端を爪(つめ)状にとがらせた建築金物で、二つの部材をつなぎ合わせるために金槌(かなづち)などで打ち込む。丸かすがい、角かすがい、平かすがいの名称がある。折り曲げた部分を爪、中央部を渡りといい、木材や石材を相互に緊結させるために用いる。建具や家具に使用する長さ3センチメートル程度のものから、建物の軸組を緊結する長さ18センチメートル程度のものまで各種あり、さらに、先端の爪が互いに直角になるような手違いかすがい、一方を短冊状にしてこれに釘(くぎ)穴をつけた目かすがいがある。前者は桁(けた)と垂木(たるき)に、後者は縁甲板と根太(ねだ)の取り付けなどに用いる。また両爪の長いものは輪かすがいといわれ、形状、名称など使用場所によっても異なる。古くは加須可比とも書き、建具などをつなぎ止めるために用いられた金物で、掛金、繋金(かきがね)を意味した。「子は(夫妻の)かすがい」なども、つなぎ止める意味からのことばといえる。[坂田種男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かすがいの関連情報