コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かすがい かすがい clamp; cramp

3件 の用語解説(かすがいの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かすがい
かすがい
clamp; cramp

鎹。丸鋼,角鋼,平鋼などの棒鋼の両端を直角に折り曲げ,先をとがらせたもの。曲げた部分を爪,中央部を渡りという。木造建築物の土台,軸組み,小屋組みなどで隣合う2材に爪を打込み接合するのに用いる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

かすがい

丸鋼、角形鋼、平鋼などの鉄棒の両端を折り曲げ、先端を爪状にとがらせた建築金物の事。建具や家具に使用する長さ3センチメートル程度のものから、建物の軸組を緊結する長さ18センチメートル程度のものまで各種ある。主に、柱と土台との接合部に用いられ、地震などで柱が抜けてしまうのを防ぐ役割がある。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

かすがい
かすがい / 鎹
clampcramp

丸鋼、角形鋼、平鋼などの鉄棒の両端を折り曲げ、先端を爪(つめ)状にとがらせた建築金物で、二つの部材をつなぎ合わせるために金槌(かなづち)などで打ち込む。丸かすがい、角かすがい、平かすがいの名称がある。折り曲げた部分を爪、中央部を渡りといい、木材や石材を相互に緊結させるために用いる。建具や家具に使用する長さ3センチメートル程度のものから、建物の軸組を緊結する長さ18センチメートル程度のものまで各種あり、さらに、先端の爪が互いに直角になるような手違いかすがい、一方を短冊状にしてこれに釘(くぎ)穴をつけた目かすがいがある。前者は桁(けた)と垂木(たるき)に、後者は縁甲板と根太(ねだ)の取り付けなどに用いる。また両爪の長いものは輪かすがいといわれ、形状、名称など使用場所によっても異なる。古くは加須可比とも書き、建具などをつなぎ止めるために用いられた金物で、掛金、繋金(かきがね)を意味した。「子は(夫妻の)かすがい」なども、つなぎ止める意味からのことばといえる。[坂田種男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かすがいの関連キーワード形鋼棒押し棒捻じ承鞚山折折り三栄金属山大興業新関西製鐵ストラウマン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

かすがいの関連情報