コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポルタバの戦い ポルタバのたたかいBattle of Poltava

2件 の用語解説(ポルタバの戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポルタバの戦い
ポルタバのたたかい
Battle of Poltava

1709年7月8日,北方戦争に転換をもたらしたロシアスウェーデン間の戦闘。対スウェーデン同盟 (デンマークザクセンポーランド,ロシア) を解体させロシアへ侵入したカルル 12世の率いるスウェーデン軍は,ロシアの焼土作戦にあってモスクワ攻略を断念,南下してウクライナコサックと合流をはかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポルタバの戦い
ぽるたばのたたかい

北方戦争(1700~21)中の1709年、ロシア軍とスウェーデン軍との間に行われた戦い。同年7月8日、ピョートル1世に率いられた約4万2000のロシア軍が、ウクライナのポルタバPoltavaにおいて、カール12世指揮下の約3万のスウェーデン軍と戦い、これに決定的打撃を与えた。スウェーデン軍は、メンシコフАлександр Данилович Меншиков/Aleksandr Danilovich Menshikov(1673―1729)将軍の軍門に降(くだ)り、負傷したカール12世はわずかの兵に守られてトルコに逃れた。ロシアは、この勝利によって大北方戦争を有利にし、スウェーデンをくじいてヨーロッパへ進出する機会を得た。[外川継男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ポルタバの戦いの関連キーワード徳川家宣徳川綱吉元禄時代東山天皇徳川綱吉東山天皇徳川綱吉東山天皇円明園笈の小文

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone