コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポロンナールワ Polonnaruwa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポロンナールワ
Polonnaruwa

スリランカ中部の町。ポロンナールワ県の県都。カンディー北北東約 65kmに位置。 368年以来シンハラ族の王の居住地であったが,8世紀,北方の首都アヌラーダプラがタミル族に占領されたため首都となった。 12世紀には,パラクラマバーフ1世のもとで繁栄した。 13世紀後半に再び遷都しさびれた。 1938~42年に古代の貯水池が修復され,米作,タバコ栽培の中心地となった。ガル・ビハーラサット・マハル・パーサーダなど,12世紀を主とする仏教遺跡がほぼ完全な形で残存しており,1982年世界遺産の文化遺産に登録。人口1万 1636 (1981) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ポロンナールワの関連キーワードパラクラマバーフスリランカ美術スリランカ史

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android