コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポール カラー Paul Karrer

20世紀西洋人名事典の解説

ポール カラー
Paul Karrer


1889.4.21 - 1971.6.19
スイスの有機化学者。
元・チューリヒ大学教授。
モスクワ生まれ。
モスクワで生まれ、3才の時から母国で育つ。チューリヒ大学で学び、同大のウェルナーの助手を務め1911年錯塩の研究で学位取得、次いでフランクフルト大学でエールリヒのもとで有機ヒ素化合物について研究、’19年母校の教授となる。ビタミンAビタミンB₂、ビタミンEの合成に成功し’37年英国のハウォースと共にノーベル化学賞受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

ポール カラーの関連キーワードライト(Richard Wright)エレクトロニクス史(年表)スティーブ クラドックエレクトロルミネセンスアメリカ・インディアンロンドン(イギリス)ワーナー・ブラザースサイモン ファウラーファン チィーウェイデーモン ミンケラオスカー ハリソンアニメーション映画わが命つきるともトランスバールP.W. ボタ海底2万マイルバラ(薔薇)伊勢丹(株)オリベイラサンボーン

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android