コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロ─ マイクロ micro-

翻訳|micro-

1件 の用語解説(マイクロ─の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

マイクロ─

火成岩の名称の前につける接頭語で,(1) 肉眼的な組織の名称に付けた場合は,同じ組織が顕微鏡的なスケールで発達していることを示している.(2) 顕晶質の岩石に付けた場合は,相当する鉱物組成と組織をもつ微晶質な岩石または石基を示している.火成岩の粒度の範囲を見ると,この接頭語は同じ種類の岩石が中粒であることを示している.このような複合名称は古い表現のhypabyssalに代わって用いられているが,中粒の火成岩という正確な定義は難しい.研究者によって範囲が異なり,版が変わると異なることもある.おそらく最も受け入れらているのはホルムスの規定で,彼は一様な粒度の岩石で,平均径が1~5mmの粒を中粒としている[Holmes : 1921].ギリシャ語でmicrosは小さいという意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイクロ─の関連キーワードデカデシ火成接頭語ゼタヨタメソ─火成角閃岩反応原理(火成岩成因論)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone