コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロフォーサーズシステム まいくろふおおさあすしすてむ,まいくろふぉーさーずしすてむ

1件 の用語解説(マイクロフォーサーズシステムの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

マイクロフォーサーズシステム

  フォーサーズシステム 規格の拡張規格として、平成20年8月5日にオリンパスイメージングと松下電器産業によって策定が発表されたのがマイクロフォーサーズシステム規格で、マイクロフォーサーズ規格と略すこともある。デジタルカメラ用のレンズ交換システム フォーサーズシステム の持つ小型軽量化の可能性をさらに追求するために生まれた。 135フィルム対角線長の半分である21.63mmの対角線長をもつフォーサーズシステムを基準に、近年高まっている小型軽量化のニーズや、Live View ( ライブビュー ) 撮影や動画撮影のニーズに対応することを目的に、(1) フランジバック 長の短縮化(1/2)、(2)レンズ側との信号伝達を高速・安定化させる信号接点の増設 (9ピン→11ピン) 、(3)小型化を容易にするマウント外径の小型化 (φ6mmぶん) を行った。  さらに、Live View 専用規格としミラーボックスを持たない構造とすること、専用マウントアダプターにより既存のフォーサーズシステムのレンズと互換性を保持すること、動画撮影も視野に入れ、4:3~16:9 までの アスペクト比 の撮影画面サイズに対応することを骨子としている。

出典|カメラマンWeb
カメラマン写真用語辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイクロフォーサーズシステムの関連情報