コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロプリズム マイクロプリズム micro prism

2件 の用語解説(マイクロプリズムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マイクロ‐プリズム(micro prism)

微細なプリズムを並べた、反射性に優れた素材。夜間や暗所での安全標示などに利用する。
一眼レフカメラのフォーカシングスクリーンのうち、微細なプリズムを並べたもの。→スプリットプリズム

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

マイクロプリズム

 フォーカシングスクリーン(ピント板)で、ごく細かいプリズムを一面に並べたもの。ピントグラス面に小さな四角錐や六角錐のプリズムを敷きつめた焦点板。ふつうは画面中央の円形の部分がマイクロプリズムになっていて、その中央にスプリットイメージがある、マイクロスプリットになっている。マイクロプリズムはピントがずれると像がぼやけてボケが強調され、ピントが合うと像が明確になるので、初心者でもピントを合わせやすい。ただし、通常は絞りF5.6以上(最近はF6.7以上)の開放F値の暗いレンズを使用すると、かげりが出て、使えなくなってしまう。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマイクロプリズムの言及

【カメラ】より

…すりガラス,あるいは一般的にプラスチックを含めてマット面に結像させる方式は,カメラ・オブスキュラ以来用いられ,二眼レフカメラをはじめ一眼レフカメラでもそのファインダーに採用されているが,この方法は必ずしも鋭敏なものとはいいがたい。そこで現在の一眼レフは,マット面のほかに焦点板の中央部にスプリットイメージとかマイクロプリズムといったピント検出機構を備えているのがふつうである。前者はピント板の中央部に,中心を通る水平線を境に上下逆勾配のくさび型プリズム(ウェッジプリズム)を配し,その最急勾配線を側面から見て互いに交わる点がピント面になるようにしたもので,ピントが外れたときは縦線が不連続になるので鋭敏な検出法になる。…

※「マイクロプリズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マイクロプリズムの関連キーワードフルスクリーンスクリーンパスインナーフォーカシングサンスクリーンクリームピンフォールフォーカシングフォーカシングスクリーンフォーカシングスケールフォーカスブラケティングリアフォーカシング

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイクロプリズムの関連情報