コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロ波送電 マイクロはそうでんmicrowave power transmission

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイクロ波送電
マイクロはそうでん
microwave power transmission

マイクロ波と呼ばれる極超短波の形で電力を送る方法。マイクロ波大気圏の雨や雲の影響を受けにくく,電離層での反射や散乱がないことから,太陽光発衛星から地上への電力輸送用に選定されており,月のヘリウム資源を利用した将来の核融合発電においても電力輸送の方法として期待されている。 1992年から基礎実験が始められ,93年には小型ロケットを使った実験にも成功している。一方で,マイクロ波の密度を高くした場合の生物や人間への影響の可能性も指摘されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android