コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイナデス マイナデス Mainades

2件 の用語解説(マイナデスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイナデス
マイナデス
Mainades

古代ギリシアで,バッカイとも呼ばれたディオニュソス (バッコス) 信女たちの呼び名。「狂女たち」の意味。入神の恍惚状態に陥り,獣皮をまといへびを帯代りに締めるなど,ほとんど裸体に近い姿で,きづたなどを頭に巻きつけ,手にテュルソス呼ばれる霊杖を持って,歌ったり舞ったりしながら,群れをなして山野を駆け回った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マイナデス

バッカイ,テュイアデスとも(単数形はそれぞれマイナス,バッケー,テュイアス)。酒神ディオニュソスの秘儀にあずかった,いわゆる〈バッコスの信女〉。キヅタの冠をかぶり獣の皮を着て,山野に踊り狂い,木を根こそぎにし,野獣を八裂きにして食う。
→関連項目オルフェウス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のマイナデスの言及

【ディオニュソス】より

… いよいよ,人間にブドウの栽培を教えつつ,みずからの神性を認めさせてその祭儀を広める時が来た。彼はまず小アジアを征服,ここで獲得したおもに女性からなる熱狂的な信者たち(バッカイBakchai〈バッコスの信女〉,マイナデスMainades〈狂乱の女〉などと呼ばれる),またいつも彼につき従うサテュロスやシレノスSilēnosなどの山野の精を引き連れて,次はギリシアへと歩を進めた。途中,トラキアでエドネス族の王リュクルゴスに迫害されたのを皮切りに,ギリシアの各地で妨害を受けたが,それらはいずれも彼の神威の前には空しい抵抗にすぎなかった。…

※「マイナデス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マイナデスの関連キーワードギリシア旋法バッコスピュタゴラス民会ギリシア喜劇クレプシュドラギリシア科学フォティアディス《古代ギリシア作家叢書》古代ギリシア文字譜

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone