マイナーリーグ(読み)まいなーりーぐ(英語表記)minor league

翻訳|minor league

デジタル大辞泉 「マイナーリーグ」の意味・読み・例文・類語

マイナー‐リーグ(minor league)

米国プロ野球で、メジャーリーグ傘下のリーグ。3A・2A・A・ルーキーの4階級に分かれる。小リーグ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「マイナーリーグ」の意味・読み・例文・類語

マイナー‐リーグ

  1. 〘 名詞 〙 ( [アメリカ] minor league ) アメリカのプロ野球で、メジャーリーグを除いた下位リーグの総称選手実力により、3A・2A・1A・ルーキーの四階級に分かれる。小リーグ。
    1. [初出の実例]「後米本土に渡ってマイナーリーグの選手になったスタープレーヤーがゐた」(出典:野球生活の思ひ出(1928)〈飛田穂洲〉友情のマント)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

知恵蔵 「マイナーリーグ」の解説

マイナーリーグ

メジャーリーグ」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「マイナーリーグ」の意味・わかりやすい解説

マイナーリーグ
Minor League Baseball

アメリカのプロ野球大リーグ球団の系列下にある 3A,2A,A,ルーキー4階級の小リーグをいう。大リーグ球団にとって戦力になる人材供給源として重要な役割を果たしている。これをファームシステム farm systemとして位置づけ,大リーグの活性化をはかるばかりでなく,有力な若手選手を他のチームにあっせんするビジネスとしても機能させている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android