コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マウスオポッサム

百科事典マイペディアの解説

マウスオポッサム

コモリネズミとも。有袋目オポッサム科の哺乳類。体長10〜16cm,尾15〜22cm。背面は淡赤褐色。子を背に乗せて歩くことから,コモリネズミの名が生じた。南米北部に分布し,夜行性で森林の樹上に巣を作り,昆虫,果実,小鳥などを食べる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マウスオポッサム
まうすおぽっさむ
mouse-opossum

哺乳(ほにゅう)綱有袋目オポッサム科マウスオポッサム属に含まれる動物の総称。この属Mormosaの仲間は、メキシコからパタゴニア北部まで分布し、ナミマウスオポッサムM. murina、メキシコマウスオポッサムM. mexicanaなど約50種に分類される。頭胴長7~20センチメートルで、外形はハツカネズミかクマネズミに似ている。尾は頭胴長とほぼ同じか、約2倍の長さがある。多くの種では尾に脂肪を蓄え、尾の先端下面は物に巻き付けるのに適している。体上面の色は灰色から暗い赤茶色まである。育児嚢(のう)はなく、6~19個の乳頭がある。多くの種は単独で樹上にすみ、昼間は巣内で休息し、夜活動する。バナナ、パパイヤ、パイナップルなども食べるが、主食は昆虫である。1回に6~12頭あるいはそれ以上の子を産む。生まれたばかりの子は非常に小さく米粒大で、毛は生えていず目も閉じている。[中里竜二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマウスオポッサムの言及

【オポッサム】より

…驚いたときには仮死状態に陥り,〈死んだふり〉をする。 メキシコからアルゼンチンまでの森林やパンパに生息するマウスオポッサム類Marmosaは体長9~19cm,尾長9~28cm。樹上生で,バナナ農園でよく見られる。…

※「マウスオポッサム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android