マカパンスガト遺跡(読み)マカパンスガトいせき(英語表記)Makapansgat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マカパンスガト遺跡
マカパンスガトいせき
Makapansgat

南アフリカ共和国化石人類遺残発見地。ポトギーテルスルスの北東 20km,有名なアウストラロピテクスの遺跡であるステルクフォンテーン遺跡の北約 241kmにある。この地域は洞穴の多いドロマイトの崖で,長い谷を見おろしている。1947~62年にレイモンド・A.ダートによる石灰岩の採石用洞穴の調査で,約 40個体分の,きゃしゃな型の猿人であるアウストラロピテクス・プロメテウス(→アウストラロピテクス類)の遺残が発見された。時代は鮮新世後期から更新世前期(250万~300万年前)と推定されている。近くのヒース洞穴では,別の発掘で約 5万年前のカブウェ人型のホモ・サピエンスの子供の右下顎骨が出土している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android