コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マカロニ小麦(読み)マカロニコムギ(英語表記)durum wheat

翻訳|durum wheat

世界大百科事典 第2版の解説

マカロニコムギ【マカロニ小麦 durum wheat】

エンマコムギなどと同じ28本の染色体を有する二粒系のコムギで,デュラムコムギ硬粒コムギとも呼ばれる。エチオピア分化の中心で,ギリシア・ローマ時代から地中海沿岸で栽培され,現在は北アフリカ,中央アジアなどにも栽培が多く,コムギではパンコムギに次ぐ生産量をあげている。乾燥・高温の気候に適し,霜には弱い。粒はタンパク質(グルテン)に富みきわめて硬質で,主としてマカロニ,スパゲッティ用にされ,製パンには適さない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマカロニ小麦の言及

【コムギ(小麦)】より

…【中島 常雄】。。…

【コムギ(小麦)】より

…栽培種は多型的でもっとも原始的なエンマコムギT.dicoccum Schübl.(イラスト)は現在イラン,エチオピア,ユーゴスラビアおよびスペインにわずかに栽培されているにすぎない。しかしマカロニコムギ(デュラムコムギともいう)T.durum Desf.(イラスト)は地中海から旧ソ連にかけてのヨーロッパ,エチオピア,中近東~中央アジア,アメリカ合衆国,カナダで広く栽培されている。チモフェービ系コムギ(イラスト)は野生種のT.araraticum Jakubz.と栽培種のT.timopheevi Zhuk.の2種からなる。…

※「マカロニ小麦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android