コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクスウェル分布 マクスウェルぶんぷ

2件 の用語解説(マクスウェル分布の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクスウェル分布
マクスウェルぶんぷ

「マクスウェル=ボルツマン分布」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

マクスウェル分布【Maxwellian distribution】

分子が古典力学に従い,しかも相互作用をもたないという仮定のもとで熱平衡状態にあるとき,その速度が与えられた値のまわりの無限小の範囲内に存在する気体分子数を与える分布関数マクスウェル‐ボルツマンの速度分布則*を参照.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマクスウェル分布の言及

【マクスウェル】より

…これらの成果を集大成した《電磁気学Treatise on Electricity and Magnetism》(1873)は物理学史上の画期を成した。 一方,《土星の環の理論》はケンブリッジ大学の1855年のアダムズ賞を受賞した論文であるが,この中で扱った多数の微粒子系に対する関心から《気体の動力学理論》をはじめとする一連の研究を展開,統計的な手法を使って気体分子の速度分布則(マクスウェル分布)を見いだし,さらにこれを基礎に気体の粘性係数が密度に依存しないことを導き,この係数の値から気体の平均自由行路を算出した。これらの成果は気体分子運動論を基礎づけ,統計力学の成立に重要な役割を果たした。…

※「マクスウェル分布」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マクスウェル分布の関連キーワード古典力学相互作用強い相互作用フェルミ相互作用古典統計力学栄養素間相互作用RKKY相互作用ズール‐中村相互作用体積排除効果ファンデルワールス‐ロンドンの相互作用

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone