コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクスウェル家 マクスウェルけMaxwells

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクスウェル家
マクスウェルけ
Maxwells

スコットランドの貴族の家系。 1100年頃イングランドからケルソー付近のマクスウェルに来住。 1300年この一族のジョン・ド・マクスウェルが国王エドワード1世の侵攻から自領を守ったことで有名となった。ハーバードが 1441~45年スコットランド議会の上院議員をつとめ,以後モートン伯,ニススデイル伯,マクスウェル卿,ヘリス卿などの称号を得て権勢をふるった。5代ニススデイル伯ウィリアム (1676~1744) はジャコバイトの乱に加担。 1945年以来 16代ノーフォーク公がヘリス男爵領を保有。またカルダーウッド,ポロックなどのマクスウェル家が続いている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マクスウェル家の関連キーワードウィリアム[2世]レーシングカーコンピュータにおける数値の表現宝塚市の汚職事件ウェールズ語コーンウォール語津野荘哲宗ブルトン語ホホカム文化

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone