マグマ溜まり(読み)マグマダマリ

岩石学辞典の解説

マグマ溜まり

地下で多量のマグマがまとまって占めていると推測される空間[片山ほか : 1970].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

マグマだまり【マグマ溜まり】

相当量のマグマが貯留している地下の部分。大型の火山の地下には数キロメートルの深さにあって、噴火のエネルギーや噴出物を供給する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android