コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マケール Pierre Joseph Macquer

2件 の用語解説(マケールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マケール【Pierre Joseph Macquer】

1718‐84
フランスの化学者。初めは医者であったが,1745年アカデミー・デ・シアンスの化学の会員に選ばれた。50年から染色などの工芸技術の監査のしごとに携わるようになり,《絹染色技術》(1763)を出版し,次いでゴブランの染色工場の主監となった。59年からはセーブルの王立製陶工場の研究主任を務め,リモージュ近辺での陶土の存在を確認し(1768),以後セーブルでも優秀な陶磁器が作れるようになった。71年,ダイヤモンドの燃焼実験を行ったほか,大きな凸レンズを用いての太陽光線による燃焼実験にも加わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マケール
まけーる
Pierre Joseph Macquer
(1718―1784)

フランスの化学者。パリに生まれる。1742年医学博士の学位を得て医療に従事したが、ルエルG.F.Rouelle(1703―1770)に学んで化学を研究し、1771年王立植物園の化学の教授となった。初期にはヒ素化合物の研究などを行ったが、実験家としてより、わかりやすい化学の教科書理論化学入門』(1749)、『実用化学入門』(1751)や『化学辞典』Dictionnaire de chymie(1766)の執筆者として知られる。これらはフロギストン(燃素)説で書かれており、一般にはラボアジエがフロギストン説を明確に否定した1783年以後もフロギストン説を支持したとされるが、死の直前には反フロギストンに傾いていたといわれる。[道家達將]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マケールの関連キーワードケネーペランベルトロリトレルシャトリエアルボアフランスソワールフランスデモマンデスフランスラボアジェ

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone