コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マジョラナ効果(光物性) Majorana effect

法則の辞典の解説

マジョラナ効果【Majorana effect】

マヨラナ効果*とも呼ぶ.ある種のコロイド溶液を磁場中におくと光学異方性が生じ,そのために複屈折が起こる現象(マジョラナ現象*)をいう.この原因は,コロイド粒子が球形ではなく平板状,棒状の粒子であるために,磁場によって一定の配向をとるためと考えられている.電場中におけるカー効果*,あるいは流動体中における流動複屈折などとも類似した現象である.マヨラナ(E. Majorana)はシチリアの生まれだから,「マヨラナ効果」のほうが正当だと思われるが,こう記してある文献も少なくない.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

マジョラナ効果(光物性)の関連キーワードマジョラナ現象

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android