コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスキ遺跡 マスキいせきMaski

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスキ遺跡
マスキいせき
Maski

インド南部,カルナータカ州にある遺跡。 19世紀より知られ,アショーカ王の法勅も発見されていたが,本格的には 1954年にインド考古局により調査された。文化層は4層に分けられ,最下層は金石併用時代細石器を主とし少量の銅を伴う。次は鉄器時代で赤色黒縁土器に代表され,メンヒル,甕棺墓ストーンサークルで囲まれた土壙墓などの巨石墓が存在する。さらに初期歴史時代,中世の層が上にくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android