マスクサ(読み)ますくさ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マスクサ
ますくさ

カヤツリグサ科スゲ属のCarex gibba Wahlenb.の和名であるとともに、同じくカヤツリグサ科ではあるが別属であるカヤツリグサ属のカヤツリグサCyperus microiroia Steud.の別名でもある。そのため、両種はともにマスクサとよばれ、混同して用いられることがある。したがって、カヤツリグサの別名としてのマスクサの名は古くから用いられており定着しているので、この混乱を避けるため、真正のマスクサ(スゲ属)はマスクサスゲとよぶほうが望ましい。[木下栄一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android