真正(読み)しんせい

日本大百科全書(ニッポニカ)「真正」の解説

真正
しんせい

岐阜県南西部、本巣郡(もとすぐん)にあった旧町正町(ちょう))。現在は本巣市の南部を占める一地区。1955年(昭和30)真桑(まくわ)、弾正(だんじょう)の2村が合併して真正村となり、1964年町制施行。2004年(平成16)本巣町、糸貫(いとぬき)町、根尾(ねお)村と合併、市制施行して本巣市となる。旧真正町は、根尾川(ねおがわ)の扇状地上にあって、南部はその末端にあたる。一帯の標高は北部で20メートル、南端部は10メートル。東隣の北方(きたがた)町との間に糸貫川(いとぬきがわ)が流れる。水田が多く、富有(ふゆう)ガキやイチゴ、セントポーリアなどの栽培が盛んである。樽見鉄道(たるみてつどう)が東部を南北に通じ、岐阜市、大垣市などに通勤する者が多い。下真桑(しもまくわ)に本巣市役所真正分庁舎(旧、真正町役場)、軽海(かるみ)に市立図書館「しんせいほんの森」がある。南東部の宗慶(そうけい)には前方後円墳の宗慶大塚古墳があり、開発の古いことが推測される。また、旧真桑村はマクワウリ真桑人形浄瑠璃(じょうるり)(国指定重要無形民俗文化財)で知られる。

[上島正徳]

『『真正町史 通史編・史料編』(1971、1975・真正町)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「真正」の解説

真正
しんせい

岐阜県南西部,本巣市南部の旧町域。根尾川扇状地に広がる。1955年真桑村と弾正村が合体して真正村となり,1964年町制。2004年糸貫町,根尾村,本巣町と合体して本巣市となった。地域のほとんどが平地で,良質の米を産し,果樹園も多く,カキナシを栽培。旧真桑村にちなんだマクワウリ産地としても知られる。国指定重要無形民俗文化財の真桑人形浄瑠璃を伝える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「真正」の解説

しん‐せい【真正】

〘名〙 真実で正しいこと。偽りでないこと。ほんものであること。
※栂尾明恵上人伝記(1232‐50頃)上「真正の知識を求めて正路を聞かずんば、に心の隙のみ費して、得道の益あるべからず」 〔後漢書‐許劭伝〕

ま‐しょう ‥シャウ【真正】

〘形動〙 誠実であるさま。性質がまじめであるさま。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「真正」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android