コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真正 しんせい

4件 の用語解説(真正の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真正
しんせい

岐阜県南西部,本巣市南部の旧町域。根尾川扇状地に広がる。1955年真桑村と弾正村が合体して真正村となり,1964年町制。2004年糸貫町,根尾村,本巣町と合体して本巣市となった。地域のほとんどが平地で,良質の米を産し,果樹園も多く,カキ,ナシを栽培。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しん‐せい【真正】

[名・形動]真実で正しいこと。本物であること。「真正な(の)勇気」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しんせい【真正】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ほんものである・こと(さま)。正真正銘。 「 -なる愛情の成就に努力することです/良人の自白 尚江

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真正
しんせい

岐阜県南西部、本巣(もとす)郡にあった旧町名(真正町(ちょう))。現在は本巣市の南部を占める一地区。1955年(昭和30)真桑(まくわ)、弾正(だんじょう)の2村が合併して真正村となり、1964年町制施行。2004年(平成16)本巣町、糸貫(いとぬき)町、根尾(ねお)村と合併、市制施行して本巣市となる。旧真正町は、根尾(ねお)川の扇状地上にあって、南部はその末端にあたる。一帯の標高は北部で20メートル、南端部は10メートル。東隣の北方(きたがた)町との間に糸貫(いとぬき)川が流れる。水田が多く、富有(ふゆう)ガキやイチゴ、セントポーリアなどの栽培が盛んである。樽見(たるみ)鉄道が東部を南北に通じ、岐阜市、大垣市などに通勤する者が多い。下真桑(しもまくわ)に本巣市役所真正分庁舎(旧、真正町役場)、軽海(かるみ)に市立図書館「しんせいほんの森」がある。南東部の宗慶(そうけい)には前方後円墳の宗慶大塚古墳があり、開発の古いことが推測される。また、旧真桑村はマクワウリや真桑人形浄瑠璃(じょうるり)(国指定重要無形民俗文化財)で知られる。[上島正徳]
『『真正町史 通史編・史料編』(1971、1975・真正町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真正の関連キーワード疑問正道真実真否誠直適正本当まぶ真個真実味

真正の関連情報