コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスターファイル マスター ファイル

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マスターファイル

データベースで、データの処理に必要な情報をまとめたファイルのこと。商品コードや社員番号など、ほとんど変更することがない基本となるデータが、このファイルに格納される。基本ファイルとも呼ぶ。対して、受注データや出勤記録など、マスターファイルの内容と関連性があり、頻繁に更新されるデータを格納するファイルを、トランザクションファイルと呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マスター‐ファイル(master file)

コンピューターで、基本データを収めたファイル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

マスターファイル【master file】

データ処理において、基準となるデータを集めた基本的・永続的ファイル。基本ファイル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスターファイル
master file

コンピュータでデータ処理をするとき基本になるファイル。事務でいう元帳や基本台帳にあたる。たとえば給与計算の場合,従業員番号や基本給など基本になるデータはマスターファイルにあり,残業時間などそのとき限りのものは入っていない。給与マスターファイル,人事マスターファイル,得意先マスターファイルなど,用途によりいろいろなものがある。また不変の固定値を入れたマスターコードファイルと,給与や人事など,ある期間,何かの事情で変化するデータについて現在値を入れておくマスターバランスファイルがある。マスターファイルの更新 (変更,削除,挿入) に使用するデータのファイルを,トランザクションファイル (→トランザクション ) と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マスターファイルの関連キーワードトランザクション処理コンピューターデータベース基準

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android