コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マタベレランド Matabeleland

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マタベレランド
Matabeleland

ジンバブエ西部から南西部にかけて広がる地域。バンツー系のンデベレ族が定着,占有していた地域で,19世紀初頭,ボーア人に追われたンデベレ族が,南アフリカ共和国トランスバールを出て,牧牛,農耕を営みつつこの地方に定着。 1890年イギリス南アフリカ会社が鉱山開発の特権を首長ロベングラより奪取,ローデシア支配の端緒をつくった。 93年ンデベレ族の反乱が起ったが,鎮圧された。現在はマタベレランドノースとマタベレランドサウスに2分され,それぞれが州となっている。中心都市はブラワーヨ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マタベレランドの関連キーワードN. シトレジンバブエカミ遺跡エンコモグウェルブラワヨンコモシトレ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android