コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マダインサーレ Mada'in Saleh

デジタル大辞泉の解説

マダイン‐サーレ(Mada'in Saleh)

サウジアラビア北西部にある古代都市の遺跡。遊牧民のナバテア人によって建設され、紀元前1世紀から紀元後1世紀にかけて栄えた。古代ローマに征服され、交易の要地としての役割を失い、廃墟になったと考えられている。岩盤を掘り込んで作られ、アッシリアギリシャの影響を受けた装飾が施された霊廟(れいびょう)群のほか、ナバテア文明以前の碑文や洞窟絵画などが残っている。2008年、「アルヒジュルの古代遺跡(マダインサーレ)」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。アルヒジュル。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

マダインサーレの関連キーワードアルウラ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android