コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マダインサーレ マダインサーレ Mada'in Saleh

1件 の用語解説(マダインサーレの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マダイン‐サーレ(Mada'in Saleh)

サウジアラビア北西部にある古代都市の遺跡。遊牧民ナバテア人によって建設され、紀元前1世紀から紀元後1世紀にかけて栄えた。古代ローマに征服され、交易の要地としての役割を失い、廃墟になったと考えられている。岩盤を掘り込んで作られ、アッシリアギリシャの影響を受けた装飾が施された霊廟(れいびょう)群のほか、ナバテア文明以前の碑文や洞窟絵画などが残っている。2008年、「アルヒジュルの古代遺跡(マダインサーレ)」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。アルヒジュル。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マダインサーレの関連キーワードエリコジッダネフド砂漠アラビア糊アラビアンライトイブンサウードΚάμειροςパタラテルマディーフアル-ヒジュル古代遺跡〈マダイン-サーレハ〉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone