マチク(麻竹)(読み)マチク(英語表記)Dendrocalamus latiflorus Munro

世界大百科事典 第2版の解説

マチク【マチク(麻竹) Dendrocalamus latiflorus Munro】

イネ科の大型のタケで,(かん)はイネの株のように固まって生える。稈は大きなものは直径20cm,高さ20mに達し,節ごとの枝の数は5本以上,稈の肉は厚い。葉は長大。花はまれに咲き,1株のすべての稈でなく一部のものに咲くことが多い。小穂花軸に3~6個ずつ固まってつき,おしべは6本。主産地は台湾と南中国で,日本では鹿児島県の南部で生育する。稈は主として建築用に,生竹は観賞用にする。たけのこをゆでた後,乾かして発酵させたものがメンマ,マンミまたは支那竹(しなちく)で,中国料理に多く用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android