コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マチク(麻竹) マチク Dendrocalamus latiflorus Munro

1件 の用語解説(マチク(麻竹)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マチク【マチク(麻竹) Dendrocalamus latiflorus Munro】

イネ科の大型のタケで,稈(かん)はイネの株のように固まって生える。稈は大きなものは直径20cm,高さ20mに達し,節ごとの枝の数は5本以上,稈の肉は厚い。葉は長大。花はまれに咲き,1株のすべての稈でなく一部のものに咲くことが多い。小穂は花軸に3~6個ずつ固まってつき,おしべは6本。主産地は台湾と南中国で,日本では鹿児島県の南部で生育する。稈は主として建築用に,生竹は観賞用にする。たけのこをゆでた後,乾かして発酵させたものがメンマ,マンミまたは支那竹(しなちく)で,中国料理に多く用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マチク(麻竹)の関連キーワードイネハイネック稲亀虫メロカンナたけのこ稲の盛イネ科牧草 (grasses)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone