コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筍/笋 タカムナ

デジタル大辞泉の解説

たかむな【×筍/×笋】

たかんな

たかんな【×筍/×笋】

《古くは「たかむな」とも表記》タケノコ古名。たこうな。
「雪中の―、師走のやまももも」〈著聞集・一八〉

たこうな〔たかうな〕【×筍】

たかんな」の音変化。
「―をつと握り持ちて」〈横笛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

筍【たけのこ】

タケ類の地下茎に生ずる若芽。食用。モウソウチクは良質のたけのこを生じ最も一般的。ほかにマダケハチク,中部・東北地方のチシマザサネマガリダケ)などのたけのこが美味。
→関連項目タケ(竹)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たけのこ【筍】

タケ類の地下茎から出る幼茎。古くは〈たかんな〉といい,〈笋〉とも書く。ふつう先端が地表に現れるころ掘り出して食べる。モウソウチク,ハチクのものが多く,東北,北海道では主としてホテイチクやネマガリダケなどの細いたけのこを食べる。しかし,《本朝食鑑》(1697)が,〈今本邦食する所の筍は苦竹,淡竹,長間竹の筍なり〉と,食用にされるのはマダケ,ハチク,シノダケのものだとしているように,明和・安永(1764‐81)以降モウソウチクの栽植が進むまでは,たけのこといえばだいたいマダケとハチクのそれであったらしい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

筍 (タカムナ・タカンナ;タコウナ)

植物。タケノコの古名

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の筍/笋の言及

【タケ(竹)】より

…けとかと通ず。筍(たかんな)は旬日の間に長じて,高き事天にそびゆ。是草の中いと高き物也〉と説明する。…

※「筍/笋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

筍/笋の関連キーワード笋羹・笋干・筍干・筍羮モウソウチク(孟宗竹)麺麻・麵麻・麪麻変わり飯・変り飯まんじゅう笠合馬たけのこユルギュプ石筍・石笋旨煮・甘煮櫑子・罍子筍刀・笋刀三浦芳治郎岸田 稚魚しゅんかん稲麻竹葦平野有海雪中の筍雨後の筍竹の皮布袋竹

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android