コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッカイ Mackay, John Alexander

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マッカイ
Mackay, John Alexander

[生]1889.5.17.
[没]1983.6.9. プリンストン
アメリカの神学者。世界教会運動 (→エキュメニズム ) の指導者。南アメリカで宣教 (1916~32) 。プリンストン神学校校長 (36~59) ,国際宣教協議会議長 (47~59) ,世界教会会議連絡委員会議長 (47~59) ,改革派世界同盟議長 (54~59) を歴任。世界教会規則"Lasst die Kirche Kirche sein"の作成者の一人。"Theology Today"誌の創刊者 (44) 。主著"A Preface to Christian Theology" (41) ,"Christianity on the Frontier" (50) ,"Ecumenics" (64) 。

マッカイ
Mackay

オーストラリア,クイーンズランド州中部東岸,タウンズビルロックハンプトンとの中間にある都市。サトウキビ地帯を後背地にもつ商工業中心都市で,港には大規模な粗糖積込み施設があり,おもに粗糖を輸出。南へ 20kmの地点には新たに石炭輸出専用港としてヘイポイント港が建設された (1971) 。人口3万 8603 (1986) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マッカイ【Mackay】

オーストラリア北東部,クイーンズランド州中部東岸,タウンズビルとロックハンプトンとの中間にある港湾都市,地方中心都市。人口5万(1991)。この国の代表的なサトウキビ栽培地帯を後背地にもち,主要な粗糖輸出港の一つで,この国最大の専用積込施設をもつ。またサトウキビ関係の研究所,試験場がある。グレート・バリア・リーフの観光拠点の一つで,船や航空機が島々を結ぶ。南約20kmにあるヘイ・ポイントHay Point港は1971年に開港した石炭輸出専用港で,グニエラ,ピーク・ダウンズなどの炭鉱から専用鉄道で運ばれてきた石炭を日本などに輸出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マッカイの関連キーワードアンダー・ザ・スキン 種の捕食キャシー フリーマンリンダ マッケンジーホワイト&マッカイオーストラリアジゴペタルムエモンス石マカイ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マッカイの関連情報