コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗糖 そとうraw sugar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粗糖
そとう
raw sugar

粗製の甘ショ糖結晶原料糖ともいう。甘蔗茎を圧搾機で絞り,汁液ろ過濃縮,結晶化したもの。着色して赤粗 (あかざら) の形をとった不純物の多い分蜜糖である。精製糖工場で精製する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そ‐とう〔‐タウ〕【粗糖】

精製していない砂糖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

粗糖

 原料糖,原糖ともいう.産地で作られる粗精製の褐色の糖.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

そとう【粗糖】

精製していない甘蔗糖。原料糖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

粗糖の関連キーワードサンティアゴ・デ・キューバケアンズ(オーストラリア)ネグロスオクシデンタル州カンチョウ(贛州)市東京穀物商品取引所カプ・ハイティエンざらめ(双目)糖シエンフエゴスイニスフェイル東京商品取引所バンダバーグメアリーバラタウンズビル精製糖工業メリーバラベルガウムネグロス島インガムケアンズ耕地白糖

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粗糖の関連情報