コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツカサキノコ(松毬茸) マツカサキノコPseudohiatula esculenta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マツカサキノコ(松毬茸)
マツカサキノコ
Pseudohiatula esculenta

担子菌類マツタケ目シメジタケ科。春から夏にかけて,林下の土に埋もれたマツの球果上に生じる。傘は径1~2.5cmで初め円錐状鐘形,のちに中央のやや盛上がった平らな形になる。表面は褐色ないし黄土色ひだ白色,胞子紋も同色。茎は長さ2~6cm。食べられるといわれている。北海道,本州に広く知られ,北アメリカオーストラリアヨーロッパにも分布する。なお,日本にはこの菌と同様の生態のものにマツカサキノコモドキ,マツカサシメジがある。前者晩秋より春にかけて,後者は冬に知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android