マテーラ大聖堂(読み)マテーラダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

マテーラ‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【マテーラ大聖堂】

Cattedrale di Matera》イタリア南部、バジリカータ州の都市マテーラにある大聖堂。典型的なプーリア‐ロマネスク様式の建築物として知られる。サッシと呼ばれる洞窟住居があるサッソバリサーノサッソカベオーゾ両地区の間に位置する。13世紀後半に建造。大きなバラ窓を配したファサード、高さ52メートルの鐘楼があり、内部には18世紀の改修によりバロック様式の装飾が施され、一部に建造当初のフレスコ画が残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android