コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マディーナトアッシャウブ Madīnat ash-Sha'b

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マディーナトアッシャウブ
Madīnat ash-Sha'b

イエメン南西部の都市。アデンの西 15km,アデン湾北西部の入江にのぞむ小アデン半島に位置する。 1959年南イエメン首長連合の首都として新たに建設され,イティハド (統一) と呼ばれたが,67年イエメン民主人民共和国独立とともに「人民の都市」を意味する現市名に改称された。人民解放戦線 NLFの所在地であった。人口2万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マディーナトアッシャウブの関連キーワードセルシウス度セルシウス温度目盛標準状態TGF生成熱超伝導国際温度目盛

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android