コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マドゥラ[島] マドゥラ

百科事典マイペディアの解説

マドゥラ[島]【マドゥラ】

インドネシア西部,ジャワ島の北東方に狭い海峡をはさんで東西に細長くのびる島。古くからジャワと一体をなすものとされた。地形は石灰岩の丘陵が多く,気候は乾燥し地味はよくない。しかし全面積の80%以上が耕地化されている。牧牛も盛ん。製塩も行われる。住民はマドゥラ人でジャワ本島へ移住,出稼ぎするものが多い。主都は中央南岸のパメカサン。4470km2。約250万人。
→関連項目スラバヤマジャパイト

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マドゥラ[島]【Pulau Madura】

インドネシア,ジャワ島の北東に,狭いスラバヤ水道を隔てて隣接する島。昔からジャワの属島として扱われた。東西に細長く,面積4470km2。人口約250万で,人口密度は500人/km2を超える。中心都市は南岸中部のパメカサン。全体がジャワ北部の石灰岩山地の連続で,低い丘陵地からなり,最高点はタンブクー山(471m)。乾季が長く雨が少ないこともあり,土地は肥沃でない。住民は開化(第2次)マレー系のマドゥラ族で,言語,性格ともにジャワ族と異なる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android