コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マドラス文化 マドラスぶんかMadras industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マドラス文化
マドラスぶんか
Madras industry

南インドの旧石器時代文化。両面加工のアシュール型の握斧クリーバーなどの石器をもつ。 19世紀末に B.フートが発見し,その後 O.メンギーンが命名し,ソアン文化と対比的に用いられたが,現在では分布も拡大し,あまり用いられない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マドラスぶんか【マドラス文化】

インド南東部のタミル・ナードゥ(旧名マドラスMadras)州を中心とする地域の旧石器時代文化。1863年にフートB.Footeにより,インドで初めてハンド・アックスが発見された。ヨーロッパやアフリカのハンド・アックスとの類似から,南インドのハンド・アックス,オベートovate,クリーバーcleaverなどをもつ文化に対してこの名が用いられ(D.メンギンが最初に使用),パキスタン北部のソアン文化に対比された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マドラス文化の関連キーワードアティランバカム遺跡ハンド・アックス

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android