コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マドラス文化 マドラスぶんか Madras industry

2件 の用語解説(マドラス文化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マドラス文化
マドラスぶんか
Madras industry

インド旧石器時代文化。両面加工のアシュール型の握斧やクリーバーなどの石器をもつ。 19世紀末に B.フートが発見し,その後 O.メンギーンが命名し,ソアン文化対比的に用いられたが,現在では分布も拡大し,あまり用いられない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

マドラスぶんか【マドラス文化】

インド南東部のタミルナードゥ(旧名マドラスMadras)州を中心とする地域の旧石器時代文化。1863年にフートB.Footeにより,インドで初めてハンド・アックスが発見された。ヨーロッパアフリカのハンド・アックスとの類似から,南インドのハンド・アックス,オベートovate,クリーバーcleaverなどをもつ文化に対してこの名が用いられ(D.メンギンが最初に使用),パキスタン北部のソアン文化に対比された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マドラス文化の関連キーワードコインバトールタミルタミル語タミル族マドゥライタミルナドゥアンナードゥライタミル・ナードゥ[州]タンジャーブールベッロール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone