マドラス文化(読み)マドラスぶんか(英語表記)Madras industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マドラス文化
マドラスぶんか
Madras industry

南インドの旧石器時代文化。両面加工のアシュール型の握斧クリーバーなどの石器をもつ。 19世紀末に B.フートが発見し,その後 O.メンギーンが命名し,ソアン文化と対比的に用いられたが,現在では分布も拡大し,あまり用いられない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マドラスぶんか【マドラス文化】

インド南東部のタミル・ナードゥ(旧名マドラスMadras)州を中心とする地域の旧石器時代文化。1863年にフートB.Footeにより,インドで初めてハンド・アックスが発見された。ヨーロッパやアフリカのハンド・アックスとの類似から,南インドのハンド・アックス,オベートovate,クリーバーcleaverなどをもつ文化に対してこの名が用いられ(D.メンギンが最初に使用),パキスタン北部のソアン文化に対比された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android