マニャーラ湖(読み)マニャーラコ

デジタル大辞泉の解説

マニャーラ‐こ【マニャーラ湖】

Lake Manyara》タンザニア北東部、大地溝帯にあるアルカリ塩湖。面積約200平方キロメートル。かつて米国の作家ヘミングウェイが妻と訪れ、その風景を称賛した。周辺には地下水によって支えられた森林が広がり、マニャーラ湖国立公園に指定されている。マニヤラ湖。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android