コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大地溝帯 だいちこうたいgreat rift valley

知恵蔵の解説

大地溝帯

大陸地殻が伸張テクトニクスによって引き裂かれ、正断層の発達や激しい火成活動に伴って地殻が薄くなり、ついには沈降して地形的に溝状に凹んでしまった地帯。インド洋中央海嶺の延長部にあたるアデン湾紅海から、南方のケニアタンザニアを経てマラウイへと連なる東アフリカ地溝(リフト・バレー)が有名で、両側は年に数mmの速さで離れている。

(斎藤靖二 神奈川県立生命の星・地球博物館館長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大地溝帯
だいちこうたい

アフリカ大地溝帯」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大地溝帯
だいちこうたい

アフリカ大陸東部から、紅海、アカバ湾、死海に至るまでの地域にみられる地溝帯[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大地溝帯の関連キーワードケニアグレートイースト・サイド・ストーリーサウスルアングア国立公園ナッチサハル国立公園ゴンゴローザ国立公園マニャーラ湖国立公園メネンガイクレーター南アルプス国立公園ルウェンゾリ山地エルメンテイタ湖ダーナ自然保護区ロンゴノット山ヨルダン地溝帯マリネリス峡谷キリマンジャロエチオピア高原アファール低地ビクトリア湖エドワード湖アルバート湖

大地溝帯の関連情報