大地溝帯(読み)だいちこうたい

知恵蔵の解説

大地溝帯

大陸地殻が伸張テクトニクスによって引き裂かれ、正断層の発達や激しい火成活動に伴って地殻が薄くなり、ついには沈降して地形的に溝状に凹んでしまった地帯。インド洋中央海嶺の延長部にあたるアデン湾紅海から、南方のケニアタンザニアを経てマラウイへと連なる東アフリカ地溝(リフト・バレー)が有名で、両側は年に数mmの速さで離れている。

(斎藤靖二 神奈川県立生命の星・地球博物館館長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大地溝帯の関連情報