コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マネトン Manethōn

1件 の用語解説(マネトンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マネトン【Manethōn】

前3世紀初頭のエジプト人神官,歴史家。ラテン名マネトManetho。生没年不詳。前280年ころ,ヘリオポリス古文書を用いて,ギリシア語《エジプト史》3巻を著した。メネス王からアレクサンドロス大王までの時代を30の王朝に分け,これを古・中・新王国に三分する彼の区分は,現在でもエジプト年代学の基礎となっている。原典は失われたが,その抜粋はユダヤ人史家やキリスト教教父の著作に引用され,伝えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マネトンの関連キーワードエジプト暦出エジプト記エジプト鼠エジプト綿エジプト文字コプトエジプトはナイルの賜古代エジプト語エジプト風トリノ・エジプト博物館

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone