コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸王 ショオウ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐おう〔‐ワウ〕【諸王】

多くの王。諸国の王。
親王の宣下がなく、また、臣籍にも入らない皇子・皇孫。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょおう【諸王】

諸国の王。多くの王。
親王の宣下がなく、また臣籍に降下しない皇子・皇孫。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の諸王の言及

【皇族】より

…すなわち中国の制に倣って,皇兄弟姉妹および皇子・皇女を親王とし,皇孫・皇曾孫・皇玄孫をとし,皇玄孫の子たる五世王は,王名を称することはできるが,皇親の範囲に入らないと定め,女子については内親王・女王の称も用いた。また二,三,四世王を親王に対して諸王と総称した。なお親王・王の配偶者は,内親王・女王でない限り,皇親とは認められなかったらしく,明治の皇室典範において初めて皇族と定められた。…

※「諸王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

諸王の関連情報