コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハラッカ神殿 マハラッカシンデン

1件 の用語解説(マハラッカ神殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マハラッカ‐しんでん【マハラッカ神殿】

Temple of Maharraqa》エジプト南部、ナイル川上流西岸にある神殿遺跡。アスワンの南約140キロメートルに位置する。古代ローマ皇帝アウグストゥスにより建造されたが未完成。のちにキリスト教会として利用された。アスワンハイダム建設に伴う水没を避けるため、本来の場所から南約50キロメートル、ワディ‐エル‐セブア神殿ダッカ神殿がある同地に移築された。モハラッカ神殿

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マハラッカ神殿の関連キーワードAmerican Federation of Labor and Congress of Industrial Organizations《Economic Control of Quality of Manufactured Product》Federation of Indian Chambers of Commerce and IndustryIndex Catalogue of Nebulae and Clusters of Stars《Journal of the Mathematical Society of Japan》《Systems of Consanguinity and Affinity of the Human Family》《Publications of the Mathematical Society of Japan》People's TempleNew General Catalogue of Nebulae and Clusters of StarsWorld Confederation of Organizations of the Teaching Profession

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone