コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハラッカ神殿 マハラッカシンデン

デジタル大辞泉の解説

マハラッカ‐しんでん【マハラッカ神殿】

Temple of Maharraqa》エジプト南部、ナイル川上流西岸にある神殿遺跡。アスワンの南約140キロメートルに位置する。古代ローマ皇帝アウグストゥスにより建造されたが未完成。のちにキリスト教会として利用された。アスワンハイダム建設に伴う水没を避けるため、本来の場所から南約50キロメートル、ワディ‐エル‐セブア神殿ダッカ神殿がある同地に移築された。モハラッカ神殿

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

マハラッカ神殿の関連キーワードモハラッカ神殿法学院テンプル石窟寺院テンプル教会ハトホル神殿エルサレム神殿神殿の丘アブシンベル小神殿アブシンベル大神殿

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android