コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハーバーラト[山脈] Mahābhārat Lekh

1件 の用語解説(マハーバーラト[山脈]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マハーバーラト[山脈]【Mahābhārat Lekh】

ネパールの南部を,西北西から東南東方向に,約800kmにわたってのびる山脈。ネパールヒマラヤ主嶺の南麓とガンガー(ガンジス)平野に臨むシワリク丘陵の間にある。その幅は13~16km,最高点2560mはカトマンズの南東約30kmにある。ヒマラヤの水を集める大河川は,狭く深い峡谷をなしてこの山脈を横切り,ガンガー平野流れ出る。山腹は階段状に耕され,山地にしては人口が密である。【高山 竜三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマハーバーラト[山脈]の言及

【ネパール】より

…同様に大きいのが高度差で,ヒマラヤ山脈の最高所は8000mを超え,一方,南のタライでは60~200m程度となる。主要水系には東からコシ,ガンダキ,カルナリがあり,チベットや北ネパールからヒマラヤを切る形で南流し,ヒマラヤ南面に東西に広がるマハーバーラト山脈(最高約3000m)地域で東西に流れ,南部のシワリク丘陵を切ってまた南流する。 タライ(幅約15~45km)およびシワリク丘陵北の内部タライ(標高500~600m)は亜熱帯で,以前はサールを主とした森林が多く,マラリアがはびこっていたが,今日ではその撲滅も進み開拓も大幅になされ,ネパールの穀倉となっている。…

【ヒマラヤ[山脈]】より

…寒冷な気候のもとに険しい山容や,氷河によってつくられた谷がみられる。その南には小(レッサーまたはサブ)ヒマラヤと称されるマハーバーラト・レク(山脈)が走り,標高1000~4000m。最も南にサブ(アウター)ヒマラヤと称されるシワリク(ネパールではチュリアと呼ばれる)丘陵が走り,ガンガー平野に臨む。…

※「マハーバーラト[山脈]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone