コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハーバーラト[山脈] Mahābhārat Lekh

世界大百科事典 第2版の解説

マハーバーラト[山脈]【Mahābhārat Lekh】

ネパールの南部を,西北西から東南東方向に,約800kmにわたってのびる山脈。ネパール・ヒマラヤ主嶺の南麓とガンガー(ガンジス)平野に臨むシワリク丘陵の間にある。その幅は13~16km,最高点2560mはカトマンズの南東約30kmにある。ヒマラヤの水を集める大河川は,狭く深い峡谷をなしてこの山脈を横切り,ガンガー平野に流れ出る。山腹は階段状に耕され,山地にしては人口が密である。【高山 竜三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマハーバーラト[山脈]の言及

【ネパール】より

…同様に大きいのが高度差で,ヒマラヤ山脈の最高所は8000mを超え,一方,南のタライでは60~200m程度となる。主要水系には東からコシ,ガンダキ,カルナリがあり,チベットや北ネパールからヒマラヤを切る形で南流し,ヒマラヤ南面に東西に広がるマハーバーラト山脈(最高約3000m)地域で東西に流れ,南部のシワリク丘陵を切ってまた南流する。 タライ(幅約15~45km)およびシワリク丘陵北の内部タライ(標高500~600m)は亜熱帯で,以前はサールを主とした森林が多く,マラリアがはびこっていたが,今日ではその撲滅も進み開拓も大幅になされ,ネパールの穀倉となっている。…

【ヒマラヤ[山脈]】より

…寒冷な気候のもとに険しい山容や,氷河によってつくられた谷がみられる。その南には小(レッサーまたはサブ)ヒマラヤと称されるマハーバーラト・レク(山脈)が走り,標高1000~4000m。最も南にサブ(アウター)ヒマラヤと称されるシワリク(ネパールではチュリアと呼ばれる)丘陵が走り,ガンガー平野に臨む。…

※「マハーバーラト[山脈]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android