コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヘンドラ王 マヘンドラおう Mahendra Vir Vikram Śāh Deva

1件 の用語解説(マヘンドラ王の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マヘンドラおう【マヘンドラ王 Mahendra Vir Vikram Śāh Deva】

1920‐72
ネパール国王。在位1955‐72年。1960年〈国王クーデタ〉により全権を掌握し1950年代の政党政治を終わらせた。これはネパール国民会議派Nepal National Congress社会主義的農地解放政策やインド寄りの外交姿勢に国王および周辺の旧勢力が反発した結果といわれる。また国王側からは政党側の不正,行政の非能率などが理由とされた。以後〈パンチャーヤット民主主義〉の名のもとに62年に新憲法,民法を発布,無政党の間接選挙により村,町,郡,県(1969廃止),国家レベルの議員を決め,村を除く各レベルに官選首長を置く体制を導入,農地改革も行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マヘンドラ王の関連キーワードカトマンズネパールネパール語グルカネパールの政治情勢ネパールの民主化運動ネパール国王の独裁ネパール内戦と王制ネパール内戦ネパールと中印

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone