コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヘンドラ王 マヘンドラおうMahendra Vir Vikram Śāh Deva

世界大百科事典 第2版の解説

マヘンドラおう【マヘンドラ王 Mahendra Vir Vikram Śāh Deva】

1920‐72
ネパール国王。在位1955‐72年。1960年〈国王クーデタ〉により全権を掌握し1950年代の政党政治を終わらせた。これはネパール国民会議派Nepal National Congressの社会主義的農地解放政策やインド寄りの外交姿勢に国王および周辺の旧勢力が反発した結果といわれる。また国王側からは政党側の不正,行政の非能率などが理由とされた。以後〈パンチャーヤット民主主義〉の名のもとに62年に新憲法,民法を発布,無政党の間接選挙により村,町,郡,県(1969廃止),国家レベルの議員を決め,村を除く各レベルに官選首長を置く体制を導入,農地改革も行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マヘンドラ王の関連キーワードマヘンドラ・ビル・ビクラム

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android