コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヤの一生

デジタル大辞泉プラスの解説

マヤの一生

椋鳩十による児童文学作品。1970年刊行。1971年、赤い鳥文学賞受賞。戦時中、食糧難の時代にペットとして飼っていた犬を殺さざるを得なかった著者の経験をもとに書かれた作品。1996年、神山征二郎監督によりアニメ映画化。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

マヤの一生の関連キーワード椋 鳩十椋鳩十

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マヤの一生の関連情報