マヤの一生

デジタル大辞泉プラスの解説

マヤの一生

椋鳩十による児童文学作品。1970年刊行。1971年、赤い鳥文学賞受賞。戦時中、食糧難の時代にペットとして飼っていた犬を殺さざるを得なかった著者の経験をもとに書かれた作品。1996年、神山征二郎監督によりアニメ映画化。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android