コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椋鳩十 むくはとじゅう

5件 の用語解説(椋鳩十の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

椋鳩十
むくはとじゅう

[生]1905.1.22. 長野,喬木
[没]1987.12.27. 鹿児島
小説家,児童文学者。本名,久保田彦穂。 1930年法政大学国文科卒業。『山窩調』 (1933) などの山窩小説で出発したが,のち児童文学に転じた。『山の太郎熊』 (38) 以下『孤島の野犬』 (63) ,『ネズミ島物語』 (73) などの動物小説を次々に発表した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

むく‐はとじゅう〔‐はとジフ〕【椋鳩十】

[1905~1987]児童文学作家。長野の生まれ。本名、久保田彦穂(ひこほ)。自然や野生動物をテーマとする作品を多く書いた。作「片耳の大鹿」「孤島の野犬」「大造じいさんとガン」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

椋鳩十 むく-はとじゅう

1905-1987 昭和時代の児童文学作家。
明治38年1月22日生まれ。はじめ山窩(さんか)小説をかき,昭和13年から「少年倶楽部(クラブ)」に動物小説を発表。代表作に「片耳の大鹿」「孤島の野犬」などがある。鹿児島県の加治木高女教員,県立図書館長,県立女子短大教授。昭和62年12月27日死去。82歳。長野県出身。法大卒。本名は久保田彦穂。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むくはとじゅう【椋鳩十】

1905~1987) 小説家・児童文学者。長野県生まれ。本名、久保田彦穂。法大卒。自然と密着した山窩さんかの生活や児童向けの動物小説を執筆。「山窩譚」「孤島の野犬」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

椋鳩十
むくはとじゅう
(1905―1987)

児童文学作家。本名久保田彦穂(ひこほ)。長野県生まれ。法政大学国文科卒業後、鹿児島に渡り、女学校の教員を勤める。1947年(昭和22)から66年まで鹿児島県立図書館長。初め詩人として出発したが、少年時代の長野の山歩きの体験から野生動物に関心を抱くようになり、38年『少年倶楽部(くらぶ)』に『山の太郎ぐま』を発表。以後、児童を対象とする動物文学に専念する。男性的で格調高い文体にのせて、生きることへの憧憬(しょうけい)と人間への信頼を伝え、多くの読者を獲得した。52年『片耳の大鹿(おおしか)』で文部大臣奨励賞、70年『マヤの一生』で赤い鳥文学賞を受賞した。[松田司郎]
『『椋鳩十の本』全25巻(1982・理論社) ▽『片耳の大シカ』(偕成社文庫) ▽『マヤの一生』(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

椋鳩十の関連キーワード竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府竹島問題クイーンイスクライラン立憲革命エラリー・クイーンシュリーフェン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

椋鳩十の関連情報