コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヤパン遺跡 マヤパンいせき

1件 の用語解説(マヤパン遺跡の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

マヤパンいせき【マヤパン遺跡】

メキシコのユカタン半島の中心都市メリダにある遺跡。マヤパンはマヤ文明最後の王朝で、1220年代から1440年代までユカタン半島マヤの政治的首都として栄えた。当時、城壁に囲まれた4km2の敷地内には3500もの建造物があったといわれ、最盛期には1万1000~1万4000人もの人たちが生活していた。遺跡内には破壊された建物も多いが、チチェンイツァーのククルカンピラミッド天文台を模した建造物が見られる。◇「マヤパン」はマヤ語で「マヤ軍旗」という意味。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マヤパン遺跡の関連キーワードメキシコ湾ユカタン海峡ユカタン半島ウシュマルコスメルシカレチチェンイッツアマヤパンロルトゥン鍾乳洞カトチェ[岬]

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone