コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヤパン遺跡 マヤパンいせき

1件 の用語解説(マヤパン遺跡の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

マヤパンいせき【マヤパン遺跡】

メキシコのユカタン半島の中心都市メリダにある遺跡。マヤパンはマヤ文明最後の王朝で、1220年代から1440年代までユカタン半島マヤの政治的首都として栄えた。当時、城壁に囲まれた4km2の敷地内には3500もの建造物があったといわれ、最盛期には1万1000~1万4000人もの人たちが生活していた。遺跡内には破壊された建物も多いが、チチェンイツァーのククルカンピラミッド天文台を模した建造物が見られる。◇「マヤパン」はマヤ語で「マヤ軍旗」という意味。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone