コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヤラン(摩耶蘭) マヤラン Cymbidium nipponicum

1件 の用語解説(マヤラン(摩耶蘭)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マヤラン(摩耶蘭)
マヤラン
Cymbidium nipponicum

ラン科の腐生植物。関東南部から琉球列島に分布し,常緑広葉樹林下に生える。根茎灰白色,多肉で地中を横にはって分枝し,短毛と三角状鱗片を散布する。花茎は根茎の先端から直立し高さ 10~30cm,下部に膜質の鱗片葉が数個あるが,緑葉はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マヤラン(摩耶蘭)の関連キーワード陰生植物着生植物腐生植物ラン(蘭)鬼の矢幹湿生植物錫杖草本郷草土通草琉球列島米国軍政府

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone