コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩耶山 まやさん

8件 の用語解説(摩耶山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摩耶山
まやさん

山形県西部,朝日山地の北西端に位置する山。標高 1020m。鶴岡市南西部の新潟県境付近に位置する。山体は花崗岩質の深成岩からなるが,ところどころに粒状安山岩もみられ,一部に玄武岩が貫入する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

摩耶山
まやさん

兵庫県神戸市,六甲山地中部にある山。六甲山の南西に位置し,灘区に属する。標高 702m。山頂は八州の峰と呼ばれるほど神戸市街と港の眺望がすばらしい。山名の由来は中腹にある仏母をまつる天上寺 (摩耶寺) による。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まや‐さん【摩耶山】

兵庫県神戸市北区にある六甲山中の一峰。標高702メートル。中腹に釈迦の母、摩耶夫人(まやぶにん)を祭る忉利天上寺(とうりてんじょうじ)がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

摩耶山【まやさん】

兵庫県神戸市灘区北部の山。標高702m。1333年赤松円心がこの山の城に立て籠って京都の北条勢と戦った摩耶合戦が知られる。六甲山地中央部,市街の背後にあり,展望がよく,特に市街の夜景が美しい。
→関連項目六甲山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まやさん【摩耶山】

兵庫県神戸市の市街地背後にそびえる六甲山地西部の一峰。瀬戸内海国立公園に含まれる。標高699m。六甲山地のなかで展望が最も優れ,8ヵ国が見渡せるため〈八州嶺〉の名もある。とくに神戸市街の夜景が美しい。1925年にケーブルカーが七合目まで建設され,55年にはケーブル終点から山頂までをロープウェーが結んだ。ケーブル終点付近に空海ゆかりの真言宗の忉利天上(とうりてんじよう)寺があり,釈迦の生母摩耶夫人(まやぶにん)をまつることから山名がとられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まやさん【摩耶山】

神戸市街の背後にそびえる山。六甲山地の前山の一。海抜702メートル。中腹に摩耶夫人像をまつる忉利天上とうりてんじよう寺がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕摩耶山(まやさん)


神戸市街地の背後に連なる六甲(ろっこう)山地西部の山。標高702m。中腹に摩耶夫人(ぶにん)像を祀(まつ)る忉利天上(とうりてんじょう)寺がある。山頂に奥摩耶遊園地があり、麓(ふもと)からケーブルカーとロープウエーが通じる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

摩耶山
まやさん

神戸市中南部、灘(なだ)区と北区の境にある六甲(ろっこう)山地の山。標高702メートル。八州嶺(はっしゅうれい)ともいい、南斜面は急傾斜をなす断層崖(がい)で、山上からは神戸港をはじめ大阪湾を展望できる。中腹には釈迦(しゃか)の生母の摩耶夫人(ぶにん)を祀(まつ)利天上(とうりてんじょう)寺(摩耶寺)がある。1925年(大正14)ケーブルカーが敷設され、現在さらに山頂の奥摩耶へのロープウェーが架かっている。瀬戸内海国立公園の一部。[藤岡ひろ子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

摩耶山の関連情報