コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラシュ マラシュMaraş

3件 の用語解説(マラシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マラシュ
マラシュ
Maraş

トルコ中央南部の都市で,同名県の県都。アダナの北東 160km,中部山岳中のマラシュ山脈南麓の肥沃な小平野に位置し,ジェイハン川の上流が付近を流れる。アナトリア内陸とシリアを結ぶ各山道の南の出口に近い要地であって,前 12世紀にはヒッタイト王国の都市国家であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マラシュ
まらしゅ
Mara

トルコの小アジア半島中央南部にある内陸都市。カフラマン・マラシュともいう。マラシュ県の県都。人口32万6198(2000)。アフール・ダァウ山地の南麓(なんろく)に位置する。道路交通の要衝で、織物、オリーブ油などを産し、小麦、綿花などを集散する。紀元前12世紀のヒッタイト時代末期にマラクシMaraksiの名で現れ、以後アッシリア、ペルシア、ローマ、ビザンティン、アラブなどに相次いで領有されてのち、11世紀からはセルジューク・トルコ領に、また1515年以降オスマン帝国領になった。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マラシュの関連情報